「魂を抱きしめてー桜子(下巻)」 吾意在野游 著

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「魂を抱きしめてー桜子(下巻)」 タマシイヲダキシメテーサクラコゲカン
「魂を抱きしめてー桜子(下巻)」

吾意在野游 著
本体¥2,000+消費税
ISBN978-4-7947-0625-6
在庫あり
女性が一生働くことが難しかった時代に、入院、転職、ドイツ留学、挫折を経ながら、まっすぐな志を持って働き続け、最後は外資系企業のトップになった冬野咲(トウノサキ)の半生。働く女性にとって勇気が出る本である。恋愛と仕事という経糸(たていと)に女性の生き方、死、時、和歌、茶道、文楽、ヘッセとシュトルム、宗教、戦争などの緯度(よこいと)が織り込まれている。日本が好きで、母校が好きで、関西弁が好きで、そして何よりも花が好きな著者は相当欲張りな織子(おりこ)である。 内容紹介