「大軍師 韓信」  机 竜人 著

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「大軍師 韓信」 
「大軍師 韓信」 

机 竜人 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0332-5
無敵の大王「項羽」敗れたり---革命なくして勝利なし。
大望を抱く韓信は老婆に粟飯を恵まれ露命をつなぎ「屈辱の股くぐり」にも耐えて兵法の研究に没頭する。項羽につかえて志を得ず、脱走して漢の劉邦の軍にまぎれ込み、斬首の座で呼ぶ…主は天下を欲せざるか、なにゆえに荘士を斬る…と。
漢の名将の推挙で大将軍に着任した韓信は、項羽の騎兵隊打倒を目ざし合戦の革命とされる弓隊を創設した。背水の陣で趙軍を敗り降将李左車に師の礼を取った韓信にひらめいたのは鉄のヤジリだった。錐行の陣か雁行の陣か―。「小心愚物の主君劉邦は天下を握れば、心中恐れている韓信将軍を暗殺する」と忠告する声を空しく―。
史上最強の軍師を活写。名作「漢将 李陵」に続く第2弾!