総合出版会社 叢文社 歴史研究書一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

歴史研究書

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次の10冊へ
「死闘天宝山」日中戦争深発掘(増補改訂版)
「死闘天宝山」日中戦争深発掘(増補改訂版)
小柴典居 著
本体¥2,000+消費税
ISBN4-7947-0383-x
↑このページの上へ
「円空 微笑の旅路 」
「円空 微笑の旅路 」
三宅雅子 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0371-6
得もいわれぬ微笑仏のほほ笑みの謎は…?円空のイバラの路を女流歴史作家がたどる。
寛永9(1632)年、「父無し子」として美濃の国・木曽川と長良川に挟まれた低湿地帯に生まれた円空は、幼くして洪水に母を奪われた。
23歳で世話になった寺を飛び出し、伊吹山に登って修験の道に―。
貧困・無知・病魔・悪政に苦しむ衆生の救済を志し、12万体の仏像彫刻の悲願のもと、北海道から九州まで、山を駆け野に伏して最後にたどりついた微笑の世界とは?円空生涯の謎に迫る。
↑このページの上へ
「河内今昔事典」
「河内今昔事典」
冨田寅一 著
本体¥2,800+消費税
ISBN4-7947-0370-8
歴史の現場から発信する、その嘘と真実。
神武が緒戦に敗れた生駒岩切。
岩船坂を下って枚方で戦勝祝いをしたナガスコ彦。
ニギハヤヒ系の変心がなかったら神武軍は玉砕。
古代大くり舟の謎。
茨田堤と仁徳。
継体と楠葉宮。
葬者不明の古代古墳群。
王仁と百済寺。
米の河内と治水の死闘。
業平と雪女。
惟喬親王と河内美女。
義家と白旗の池。
大盗交野八郎と後鳥羽。
正行と師直。
信長、秀吉、家康と河内。
筒井順慶の洞ヶ峠の知恵?河内女のど根性。
大塩平八郎―かつて日本には男がいた。
研鑽20年、数百話を集成。
↑このページの上へ
「古代氏族三宅氏の研究」
「古代氏族三宅氏の研究」
鳥海ヤエ子 著
本体¥8,000+消費税
ISBN4-7947-0358-9
崇神朝の西暦300年前後が発祥とされる三宅氏後裔の著者が、家に伝わる由来書や系図などを頼りに時代を遡り、先祖の姿を描き出す。
謎の雄族から探る秘められたる日本史の研究。
↑このページの上へ
「出雲文化水の文化」
「出雲文化水の文化」
佐藤栄子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0357-0
品切
価値観の多様化に伴う社会的な変動と個人的な環境の軋轢に苦しむ著者が見つけ出した物の見方・考え方は、日本古代の神事や神話に受け継がれる哲理だった。
混沌の時代を超えて未来を築く「古代出雲の心」と「水の心」を提起。
↑このページの上へ
「夜来香」 いえらいしゃん
「夜来香」
青木隼人 著
本体¥2,300+消費税
ISBN4-7947-0354-6
あなたは日本人がかつて中国・朝鮮でなにをしたか知らないのですか? 日本国ではそれを教えないのですか?
明治大正昭和、闇に閉ざされた日本の裏面史を総括。未来のために日本国と日本人の深層をえぐる文芸大作。
↑このページの上へ
「新羅・高句麗・百済三国紀」
「新羅・高句麗・百済三国紀」
高島鳴鳳 著
本体¥3,000+消費税
ISBN4-7947-0350-3
古代日本の真実は「中国古代文献」と「古事記・日本書紀」そして「三国紀」の照合なくしては明らかにならない。
韓国史研究家の執念の労作「三国紀」の現代語訳がここに登場。
↑このページの上へ
「家康政権と伊奈忠次」
「家康政権と伊奈忠次」
本間清利 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0349-x
黄金の地の三河・駿河・甲州・信州から荒涼の坂東の地に、天下人の秀吉から移封を命じられた家康は一言の愚痴も口にしなかった。
関東郡代を命ぜられた忠次は昨日までの敵を温かく包み、荒れ狂う大河を治め、沼地を田園に変え、家康天下取りの経済基盤をみるみる確立。
↑このページの上へ
「廬溝橋事件 嘘と真実」 新装改訂版
「廬溝橋事件 嘘と真実」 新装改訂版
肥沼茂
本体¥3,000+消費税
ISBN4-7947-0339-2
廬溝橋事件の真相を明かす。戦後五十年を経ての問題の一巻!
↑このページの上へ
「裏方将軍 北条時政」
「裏方将軍 北条時政」
小野眞一
本体¥3,000+消費税
ISBN4-7947-0326-0
鎌倉幕府をつくった謎の男の巨大なる光と陰
得宗御案内人の実態に初めてメス
↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次の10冊へ