総合出版会社 叢文社 歴史小説一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

歴史小説

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] 次の10冊へ
戦国関東血風録外伝「悲雲山中城 」
戦国関東血風録外伝「悲雲山中城 」
伊東潤 著
本体¥1,429+消費税
ISBN4-7947-0492-5
品切
北条早雲公以来、坂東小田原武士の誇りは「民の幸せを第一とする志」にあり。
己れの権力拡大と栄華を至上とし、利害打算だけを起点に行動する俗物武士は、武士の道のけがれである。
その俗物どもがいま、百倍の大軍となって山中城に押し寄せる。
撃退は不可能。
「北条の志を後世に遺していさぎよく散華するのみ」智将間宮康俊は、神算鬼謀をかたむけて縄張り(設計)した山中城を、最後の死に場所と定めて、馬上さわやかに入城する。
そのころ秀吉と三成は家康を北の海に追い落とす秘策を語り合っていた。
そして家康と謀臣の本多正信は、いかにして豊臣に墓穴を掘らせるか密議を重ねていた。
↑このページの上へ
「錦帯橋物語」
「錦帯橋物語」
伊藤 正一 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0479-8
在庫僅少
関ヶ原合戦…毛利一門の動向の謎は?敗北後の九公一民八公二民の惨。
命運を賭けての開拓事業。
絶え間なく襲いかかる毛利転覆をはかる徳川幕閣の策謀。
世界の名橋の足取りを視座に、背後に展開された「歴史の表と裏の真実」「生き抜くための長州藩の英知」を探った名匠のライフワーク。
↑このページの上へ
「戦国関東血風録」 北条氏照修羅往道
「戦国関東血風録」 北条氏照修羅往道
伊東潤 著
本体¥2,600+消費税
ISBN978-4-7947-0459-3
品切
領主の使命は民の幸せをはかるにあり。
善政小田原北条を攻める資格が秀吉にあるのか?凛として平伏しない小田原城に押し寄せる餓狼の大軍―。
↑このページの上へ
「後南朝再発掘」 熊沢天皇事件の真実
「後南朝再発掘」 熊沢天皇事件の真実
山地悠一郎 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0452-6
在庫僅少
一三九二年、大内義弘の仲介で南北朝合一。
しかし「両朝が交互に帝位につく約」は足利幕府によって破られた。
激怒した南朝方は吉野熊野伊勢河内美濃尾張美作を舞台に悲劇の抗議戦を続行するが、史実は封印されて闇に―。
そして戦後の日本。
後南朝後裔の熊沢天皇が「われこそ正統天皇なり」と名乗り出るが、時代錯誤と珍妙な言動が嘲笑を呼び再び闇の底に―。
↑このページの上へ
「哲人参謀 石原莞爾」
「哲人参謀 石原莞爾」
中村晃 著 
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0444-5
本質を貫く解決策を次々に創造する哲人戦略家。
薄っぺらな国策に誰はばかることなく痛烈な批判を投げかける無敵の毒舌家―。
↑このページの上へ
「一期の決断 大谷刑部」
「一期の決断 大谷刑部」
江竜喜信 著 
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0435-6
在庫あり
利をとれば人倫にはずれ、義をとれば破滅の渕。
関ヶ原合戦前夜…名将の苦悩に迫る。
↑このページの上へ
「安東水軍記」
「安東水軍記」
木村しゅん也 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0432-1
蒙古のフビライは南北から日本を挟撃する準備を進めていると交易船から耳にした兵庫は、アイヌの勇士を加えた潜行隊を率いて大陸深く進入する。
文永の役の恩賞地に苦悩する御家人筆頭安達泰盛に北海道の地を提案して鎌倉での栄達をねらう安東宗家の又太郎。
激怒して鎌倉御所をたずね執権時宗と幕閣を前にした兵庫。
「蝦夷地では温かい地方からやって来た武士は役に立たない。
むしろ足手まとい。
北の守りは北の武士におまかせあれ」兵庫を慕う西国の女剣士。
アイヌの美女。
土蜘蛛の首領の娘アカネ…。
↑このページの上へ
「橋立の壺は残った」
「橋立の壺は残った」
中井勉 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0427-5
橋立の壺は残った
利休と宗陳
花屋町天満屋襲撃

信長と利休の茶道密約、利休秘蔵の「橋立の壺」は天下統一の証だったのか?
天下を握っ秀吉と利休の激しい闘いの結末は?茶人必読。
↑このページの上へ
「瀬戸の軍狼」
「瀬戸の軍狼」
井瀬伴 著
本体¥2,800+消費税
ISBN4-7947-0426-7
この男だけは許せない―戦国乱世とて。
大内・尼子・毛利・宇喜多…名将・謀将・梟雄渦巻く瀬戸を舞台に、智と勇の限りを尽くし死闘する備中の三村一族の興亡を活写。
20年をかけての執念の大作。
↑このページの上へ
「活人剣 山岡鉄舟」
「活人剣 山岡鉄舟」
今川徳三 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0398-8
幕閣の高級官僚には危機に対応できる人物が一人もいなかった。
豊かさは愚者をつくり腐敗精神をつくる。なにが英傑鉄舟を生み識見海舟を生んだか―。
歴史文学の名匠の力作。
↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] 次の10冊へ