「悪役たちの日本史」 松尾和彦 著

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「悪役たちの日本史」 アクヤクタチノニホンシ
「悪役たちの日本史」

松尾和彦 著
本体¥1,300+消費税
ISBN978-4-7947-0685-0


高師直、明智光秀、北条政子、日野富子、源頼朝、柳沢吉保、など日本歴史上で悪役とされてしまった47人。「悪人と言われ続けたのには理由がある」「悪女の基準はどこにある」「中央政権の実力者ゆえに」--抗争の勝利者が自分に都合よく書いた歴史の矛盾を鋭く洞察!
「日本人は「勧善懲悪」という言葉が好きだ。直ぐに善と悪とに分けてしまう。そして一度「悪人」とされてしまうと、何時まで経ってもその烙印から逃れることが出来ない。しかし見方を変えると善悪の立場が逆転してしまうことも珍しくない」ー本文より