「大和言葉の作り方-古代人はいかにコトバを作ったか」 渡部正路

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「大和言葉の作り方-古代人はいかにコトバを作ったか」 やまとことばのつくりかた
「大和言葉の作り方-古代人はいかにコトバを作ったか」

渡部正路
本体¥1,429+消費税
ISBN978-4-7947-0622-5
語基と語構成―古代人はいかにコトバを作ったか。
日本語の語彙がどのように増えてきたか、法則が分かれば原初形が復元できます
コトバは、古代人がコミュニケーションのために音と意味とを結合して作ったツールです。その結びつきが複合され多様化し歴史的変化を経て民族の言葉になったのです。
本書は、大和言葉を分析し、語構成の法則を抽出した上で、音と意味との最初の約束、つまり大和言葉の原初的な語成分を解明しています。