「白象物語」 村上雄策 著

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「白象物語」
「白象物語」

村上雄策 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0578-8
在庫あり
時は一三世紀末。
雲南のシャン人象軍団四万は、蒙古フビライ軍僅か七百の毒矢奇襲に大敗する。故郷を後にクメール王国(カンボジア)に流れついた象使いの奴隷少年チャーンはヤショヴァルダナ将軍親娘と、蒙古の使節として訪れた唐人周達観(真臘風土記著者)の凛然たる風姿に触れて生きる勇気を復活する。ダン・レク山脈の象狩りで白象を捕らえたチャーンは暴虐の王子ラジャスと闘象祭りで凄絶な死闘を。
知られざる中世東南アジア史の深部発掘活写