「殉教 江戸ざくろ坂」 高橋長敏 著

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「殉教 江戸ざくろ坂」
「殉教 江戸ざくろ坂」

高橋長敏 著
本体¥952+消費税
ISBN4-7947-0507-7
在庫あり
キリシタンの疑いで伝馬町の牢に投げ込まれた貧乏大工の留吉。
狭い牢内で大勢の心やさしい信者と接するが、損得勘定だけで毎日を暮らす彼にその心の奥が見えるはずもなかった。
九死に一生を得て釈放された留め吉は「将軍家光の命でキリシタンが火あぶりの刑に」と耳にし刑場の芝ざくろ坂にかけつける。
「神の意志…愛の心で生きるものは救われる」劫火の中で絶叫する家康の影武者、剣豪原主水。
死を前に人々の幸せを朗々と祈る神父ガルベス。
竹馬の友の真太と妻と子が凛として天を仰ぎ昇天する光景…留吉は知った、生きることの意味を―。