「大伴家持」 廣澤虔一郎 著

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「大伴家持」
「大伴家持」

廣澤虔一郎 著
本体¥2,500+消費税
ISBN4-7947-0500-x
在庫あり
大伴旅人西海道へ下る
長屋王の変
太宰帥大伴旅人
平城の家持
亡妾
藤原広嗣の乱
聖武彷徨
国分寺造営と平城復都
安積親王の死
佐紀郎女〔ほか〕

長屋王の死、藤原広嗣の乱、橘奈良麻呂の変、道鏡の栄光と没落、蝦夷抵抗…。
そして藤原種継暗殺。
荒れ狂う権力争奪の波にもてあそばれ越中、因幡、薩摩、太宰府。
征東将軍となって陸奥。
優麗艶美、万葉末期を代表する歌聖の数奇の生涯を初めて発掘。