「向う疵 北条氏康」 二階堂玲太 著  

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「向う疵 北条氏康」
「向う疵 北条氏康」

二階堂玲太 著  
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0445-3
品切
室町将軍の密命を帯び、坂東に下った早雲は出自を秘して戦国の幕を伊豆で切って落とす。
孫の氏康は平将門以来の坂東の民の叛骨を愛した。
身を安全圏に置き部下を死地に突入させる卑怯を憎み、難局には先陣に立って斬り込む。
向う疵が七ケ所。
背には一ケ所の疵もなかった。
四公六民の善政を守り、足らざるは海外貿易でかせぎ、生活は高僧の如く清らか。
酷税を取り立て酒池肉林を生き甲斐とする腐臭の支配者の一掃を志とした。