「飛騨の鬼神 両面宿儺の正体」 広田照夫 著・桐谷忠夫 解説補筆

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド


「飛騨の鬼神 両面宿儺の正体」
「飛騨の鬼神 両面宿儺の正体」

広田照夫 著・桐谷忠夫 解説補筆
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0389-9
謎の両面宿儺は応神天皇長子・額田大中彦。
「たたる墓」(冬頭王塚古墳)の老人の共葬者は尾張連尻調根命か。
西暦420年、13歳の仁徳の後背支援勢力である葛城・ワニの連合軍に敗死。
闇の奥の古代史にメス。