総合出版会社 叢文社 文芸一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

文 芸

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ
「パンドラの壷」
「パンドラの壷」
谷本多美子 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0461-5
私たちはすぐ盲信する…宗教にも思想にも国家にも学説にも…そして同じ大怪我を何度でも繰り返す…何故?自らの深刻な被害体験をもとに、邪教と文明の本質に迫る待望の社会派文学。
↑このページの上へ
「耳をすませば異界の声」 世界深層紀行文学
「耳をすませば異界の声」 世界深層紀行文学
渡辺早苗・文 渡辺眞幸・写真
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0460-7
品切
ポンペイ・トルコ・メキシコ・エジプト・オーストラリア・中国、そしてバリ島―
壮大な遺跡の地は怨霊の密む異界との接点でもあった。
鋭敏な感性がとらえた異色の深層紀行文学。
↑このページの上へ
「アメリカの仮面と正体」 日本のモデルにはならない
「アメリカの仮面と正体」 日本のモデルにはならない
稲富修二 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0458-5
日本型民主主義とはなにか?普遍的民主主義とはなにか?その実現にはなにが必要か?東大卒業後、コロンビア大学に留学。
純な魂で見つめたアメリカの正体と日本の目ざすべき方向は?若き論客が提起。
↑このページの上へ
「二人の母」 
「二人の母」 
霜月一生 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0455-0
僕は不具者…不具者にしかできない仕事で世につくせばよい。
哀しすぎる星の下に生まれ、雄々しくも生き抜いた魂の遍歴―。
戦火を越えて日韓の垣根を越えて気高くも花咲いた母と子の愛の絆。
↑このページの上へ
「新田次郎の跫音」  にったじろうのあしおと
「新田次郎の跫音」 
内藤成雄 著
本体¥2,000+消費税
ISBN4-7947-0454-2
新田次郎の作品は何年経っても風化しない何時の世にも共通する「いのち」を伝えているからだ…新田文学の精髄に迫る。
↑このページの上へ
「この窓は開かれている」
「この窓は開かれている」
神野真子 著  
本体¥1,400+消費税
ISBN4-7947-0440-2
北海道・福祉施設の女性が、園長の暴力で肩首の筋肉に重傷を負った。
治療の医師たちが「人間の心を置き忘れた男」だったことから民間療法に頼り、慢性の重度むち打ち症状に―警察・弁護士・労働組合・政治家・労働基準監督署と次々訴えるが、力のない女性に親身の力を貸すものはなかった。
怒りの彼女はひとりで闘い続け、奇跡的に巡り会った正義の弁護士と医師の支援で遂に「暴力の真実」を国に認めさせる。
保身第一。
正義公正の使命観ゼロ。
社会がこれで成立するのだろうか。
↑このページの上へ
「聖コシャマイン」
「聖コシャマイン」
若岡直樹 著  
本体¥2,000+消費税
ISBN4-7947-0439-9
アイヌ民族が危機に至るとき、天のカムイが使者を遣わす、虎嘯勇者の器たるコシャマインこそ!』憤怒のウタリ戦士を率いて奇略縦横、和軍の強塞12館中10館を攻略。
蛎崎季繁・武田信広の牙城花沢館に肉薄。
梟将信広と必殺の一騎打ち。
逸る“狼軍団”を制し『勝者の我が民族こそ英智をもって共生の未来に範を!』と説いて…。
民族相克の歴史を探った畢生の八〇〇枚。
著者のアイヌ学集大成。
必読の問題作。
↑このページの上へ
「寛太郎物語」猫と過ごしたメノポ−ズ
「寛太郎物語」猫と過ごしたメノポ−ズ
伊東千佳子 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0436-4
↑このページの上へ
「父親像の歴史」
「父親像の歴史」
堀口尚夫 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0431-3
1 西欧古典文学
2 日本古典文学
3 ルネッサンス
4 信長、秀吉、家康と尊氏
5 ウィリアム・シェイクスピア
6 近松門左衛門
7 父の喪失とフランス革命
8 明治維新
9 昭和天皇とマッカーサー
10 日本人ノーベル文学賞受賞者

西洋と日本の父親像と母親像の変遷をたどって明日のあるべき父親像を探る。
ニューヨークで24年間の臨床経験を持つ精神分析医の骨太な歴史分析。
↑このページの上へ
「あなた、私も闘います」
「あなた、私も闘います」
中宮 紀伊子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0416-x
七年前(一九九五)、三七〇年の和菓子の老舗「森八」が倒産の嵐に巻き込まれた。
「森八は私物ではない、日本文化の誇りを守れ」の激励の言葉に涙と共に決然と立った夫と妻。
激励の言葉の背後にひそむ企業の生命力の本質は?奇跡のように復活した日、振り返ると父母の愛に飢えた子供たちの姿がそこにあった。
暖簾を守った闘いの記録。
↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ