総合出版会社 叢文社 文芸一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

文 芸

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ
「冬の彩色」
「冬の彩色」
谷本多美子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN978-4-7947-0577-8
離婚夫婦の背景・・・「自己中心型」
家族の幸せとは何かを問う

戦争から帰ってきた父にも倉本にも言ってほしくないことがある。すべては戦争のせいだ、と。
戦争が人生観を変えてしまうほどの経験であったとしても、その後の生き方を決めたのは、父の、倉本の意志なのだから。・・・本文より
偶然出会った男が、戦争から帰ってきて歩んだ道程を、すべて受け入れたとき、女は男を信じることができた。
↑このページの上へ
詩集「アジアの風」
詩集「アジアの風」
順平 著
本体¥1,200+消費税
ISBN4-7947-0570
新川順平詩集「アジアの風」を推す。

新川順平の新詩集「アジアの風」は、彼の長期にわたる中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム他の海外の旅から得た豊富な知識からの所産である。彼は師大竹延の抱懐したアジアの平和への誠実真摯な人間愛を継承してこの一巻を編んでいる。アジアへの祈念をこめた壮快な行動力を持つこの新鋭詩人の詩境に、幸多かれと私は願っている。

                         伊藤桂一
↑このページの上へ
「微温」
「微温」
城惠子
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0562-x
微温
秋の暮れ
夢喰い虫
誘惑
金木犀の匂うころ
神様の悪戯
↑このページの上へ
「親父の背中」腕白少年板前修業奮起録
「親父の背中」腕白少年板前修業奮起録
中島将雄 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0559-0
やりたい放題のわんぱく少年が
家族の温かい眼に支えられ
天職にめぐりあい
使命感に燃え始めるまでの
ものがたり

障害を持つ少年の自立を描いた感動作「花園への扉」につづく第二弾!
↑このページの上へ
「那珂川慕情」
「那珂川慕情」
小野友貴枝 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0549-2
那須岳を源に、栃木茨城を貫流する清らかな那珂川のほとりに生まれた又従兄弟の雅哉と亜矢。
ある夏の日に雷雨に襲われ逃げ込んだ納屋で二人は愛を誓うが、国際舞台で活躍する雅哉からの連絡が途絶え、別々の人生を歩む。
時は移り、再会は東京の真ん中。
そしてお互いを必要とする熱愛の渕に。
人生の結実、再び故郷の那珂川で愛を確かめあうが、運命の定めは永遠の別離だった。
雅哉から託された台地の家にたなびく川霧の彼方から呼びかける影は?―深く濃密な大人のラブ・ストーリー。
↑このページの上へ
「J─日本の義」
「J─日本の義」
南宗和 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0540-9
ハンセン病者の盾になった反骨の医師小笠原登。
手なし足なし……たとえ見せ物になろうとも心の高貴を失わなかった中村久子(飛騨高山出身)。
君死にたもうことなかれ……暴風の批判攻撃にもめげず反戦の信念をつらぬいた与謝野晶子。
混血児救済に突進、横槍入れるアメリカ高官を怒鳴りつけた岩崎弥太郎の孫娘澤田美喜。
権力争奪に明け暮れる古代、民の幸せを第一とした聖徳太子の見識。
困民救済に身を捧げ、私利私欲に発した権力者の命令を断固無視した行基(堺市出身)。
人類の為に生き、人類の為に死す……野口英世とその母(福島県猪苗代市)
三千人の孤児の父、豪傑石井十次(宮崎県高鍋町出身│岡山孤児院)
借金の山、小笠原諸島が日本領である国際的証拠「三国通覧図説」を遺した貧乏学者林子平。
「蘭学事始」悪戦苦闘、辞書なしで翻訳に挑んだ杉田玄白と仲間たち。
前人未踏の危険地帯に突入した探検家伊能忠敬(江戸)・間宮林蔵(茨城県筑波郡上平柳村)。
死の野山獄、囚人を学友に、「正しい志の故に殺されるのは男児の本懐」と悟る吉田松陰。
餓死寸前の民を救うため幕府の米蔵を独断開放した石見の芋代官井戸平左衛門(島根県大田市)
途方に暮れる戦災母子家庭の救済……女人菩薩二葉保育園長徳永恕(ゆき)
等々。
↑このページの上へ
「下町の学童疎開」 庶民の昭和前史
「下町の学童疎開」  庶民の昭和前史
加藤徳夫 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0531-x
在庫あり
人間を万物の霊長と呼んだのは誰か?人間は周期的に来襲する世界不況の脱出口を、戦争にしか求められない愚物である。
戦前、日本のリーダーは大多数が世界の田舎者であり、ほとんどが非科学的な狂信者だった。
太平洋戦争は日本が火を点けたのではなく、巧みに乗せられたのが実相であろう。
空襲、集団疎開、そして敗戦…地獄の果てで学童を待っていたものは…。

第1部 国民学校(二・二六事件 中国との戦争 ほか)
第2部 縁故疎開(子供は田舎へ送れ 白いご飯だ! ほか)
第3部 集団疎開(集団疎開 餓鬼亡者 ほか)
第4部 白い川(終戦 白い川 ほか)
↑このページの上へ
「君と一緒に生きたかった」
「君と一緒に生きたかった」
あやのはじめ 著
本体¥1,200+消費税
ISBN4-7947-0528-x
↑このページの上へ
「花園への扉」 知的障害児一家の涙の記録-
「花園への扉」 知的障害児一家の涙の記録-
中島将雄 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0525-5
花園への扉
桔梗
復讐
雪見酒

ひとりの身障児が周囲の愛に導かれて花園の経営者に―。
そして多くの身障児に生きる道を与えるまでに…最も大事なものを失った現代に贈る感動の物語。
↑このページの上へ
「シベリアの呪縛」
「シベリアの呪縛」
竹原素子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0515-8
在庫あり
一人の男がシベリアから熱烈な社会主義者に変身して帰ってきた。
資本主義は遠からず一人が勝者、九九人が敗者の地獄に転落する。
愚かな競争で人間も地球も崩壊させるだろう。
村八分にされながら男は必死に挑戦。
教職にあった妹は白眼の中で自殺。
そして数十年。
共産国家は敗退。
資本主義国家群も死者ルイルイの惨状に。
「とってかわる次のシステムが開発されなかったら、われわれの子孫は生きては行けないのだ。
新システムの開発は現在の老壮年の義務であるとわかっているのか」―シベリア以来の呪縛をつぶやきながら男は死んだ―。

↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ