総合出版会社 叢文社 文芸一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

文 芸

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] 次の10冊へ
「観音浄土の海」 カンノンジョウドノウミ
「観音浄土の海」
中田重顕 著
本体¥1,500+消費税
ISBN978-4-7947-0642-3
在庫あり

美しくも貧しき熊野を舞台に「昭和の闇の悲しみ」を描く不朽の名作。昭和19年、熊野灘沿岸に大津波襲来。鶴浜村の波高十一メートル。アカと疎外された女教師は児童を救うために、波に呑まれる。彼女を想う若き寺僧は死者を弔うために観音浄土を目指し小舟で死の海にー。
一家の働き手を戦場に奪われて生活の道を失う家々。愛児が戦死しても泣くことすら禁じられていた時代。
抒情あふれる珠玉の文学が「忘れてはならない闇の時代の奥」にあなたを誘うー。
↑このページの上へ
「魚愁」 ギョシュウ
「魚愁」
小田淳 著
本体¥1,500+消費税
ISBN978-4-7947-0639-3
在庫あり

森羅万象の力に、人間が挑んだとき。触れてはいけないものに、人間が触れたとき。取り返しがつなかくなる前に、人間がやるべきことは・・・
腐葉土化されていく都会での仕事を捨てた私は、釣場管理人の職を得て、大自然の中で生き始める。太陽の輝き、清らかな水、精錬な渓谷のみを住み処とする魚たちと生きていくうちに、鱒、岩魚など養殖の中ではもっとも難しいといわれる渓流魚の養殖に挑むことに。しかし、娘と妻を相次いで亡くし、失意の底に落とされた私を待っていたものは。釣り文学の第一人者が大自然からの戒めを警告する。
↑このページの上へ
「驟雨は夏の匂い」 シュウウハナツノニオイ
「驟雨は夏の匂い」
武井秀夫 著
本体¥2,000+消費税
ISBN978-4-7947-0626-3
在庫あり
八ツ場ダム・川辺川ダムの中止の根っこには、革命児・田中康夫の「脱ダム宣言」が在る。それに関わった、迫真のドキュメント『脱ダム讃歌』の著者が久々に世に送る、珠玉の作品集。内容は多岐に亙り、歯に衣着せぬ、辛口の政治批判を交えた警世の書。驟雨のもたらした甘美な若き日の夏の匂い。中でも「赤襷の梵鐘」に描かれた戦時の一こまは戦争の空しさが心に迫る。黒四ダム建設秘話を紡いだ「黒部夜話」は、愛犬ピスとすごした黒部百日の記録であり、人間愛に満ちている。著者のルーツにかかわる「武田家紀行」は斬新な切り口で、武田信玄公の死因の謎に迫る。今は亡き社会派映画監督・熊井啓を巡る映画・演劇談義など満載。伊藤桂一氏推薦。
↑このページの上へ
「魂を抱きしめてー桜子(下巻)」 タマシイヲダキシメテーサクラコゲカン
「魂を抱きしめてー桜子(下巻)」
吾意在野游 著
本体¥2,000+消費税
ISBN978-4-7947-0625-6
在庫あり
女性が一生働くことが難しかった時代に、入院、転職、ドイツ留学、挫折を経ながら、まっすぐな志を持って働き続け、最後は外資系企業のトップになった冬野咲(トウノサキ)の半生。働く女性にとって勇気が出る本である。恋愛と仕事という経糸(たていと)に女性の生き方、死、時、和歌、茶道、文楽、ヘッセとシュトルム、宗教、戦争などの緯度(よこいと)が織り込まれている。日本が好きで、母校が好きで、関西弁が好きで、そして何よりも花が好きな著者は相当欲張りな織子(おりこ)である。
↑このページの上へ
「魂を抱きしめてー桜子(上巻)」 タマシイヲダキシメテーサクラコジョウカン
「魂を抱きしめてー桜子(上巻)」
吾意在野游 著
本体¥2,000+消費税
ISBN978-4-7947-0624-9
在庫あり
女性経営者がその草鞋を脱いで、「本を出す」と言ったら、普通は経営本である。「いや〜、一応、恋愛小説なんです」と聞いて、周りはぽかーんと口をあけた。「一応」の解釈は読者に任せることにしよう。「ほんまもんの幸せ」になると決めた主人公「冬野咲(トウノサキ)」の生き方がまるでドラマを見ているかのように展開される。その景色の中に数え切れないほどの花が登場する。また、装画の花は著者が楽しみながら描いたという。花いっぱいの「游(ゆう)ワールド」へようこそ!
↑このページの上へ
「赤門は知っている」
「赤門は知っている」
野村昭子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0592-1
赤門は見た、激動の歴史をー
東京本郷、東京大学の地は、加賀百万石前田藩の江戸屋敷だった。

陰惨な幕末の裏面。
維新の戦火。
前田屋敷は彰義隊砲撃のとばっちりで焼亡。後の灯台後者は東京空襲で灰に。
赤門は、しかし、不死鳥のように現代まで180年を生き抜いてきた。

金沢在住の歴史家野村昭子さんは加賀藩の歴史においては
第一人者。女性の目から見た哀詩です。
↑このページの上へ
「冬の彩色」
「冬の彩色」
谷本多美子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN978-4-7947-0577-8
離婚夫婦の背景・・・「自己中心型」
家族の幸せとは何かを問う

戦争から帰ってきた父にも倉本にも言ってほしくないことがある。すべては戦争のせいだ、と。
戦争が人生観を変えてしまうほどの経験であったとしても、その後の生き方を決めたのは、父の、倉本の意志なのだから。・・・本文より
偶然出会った男が、戦争から帰ってきて歩んだ道程を、すべて受け入れたとき、女は男を信じることができた。
↑このページの上へ
詩集「アジアの風」
詩集「アジアの風」
順平 著
本体¥1,200+消費税
ISBN4-7947-0570
新川順平詩集「アジアの風」を推す。

新川順平の新詩集「アジアの風」は、彼の長期にわたる中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム他の海外の旅から得た豊富な知識からの所産である。彼は師大竹延の抱懐したアジアの平和への誠実真摯な人間愛を継承してこの一巻を編んでいる。アジアへの祈念をこめた壮快な行動力を持つこの新鋭詩人の詩境に、幸多かれと私は願っている。

                         伊藤桂一
↑このページの上へ
「ノアの洪水はやって来る」
「ノアの洪水はやって来る」
桜井輝昭 著
本体¥1,200+消費税
ISBN4-7947-0508-5
地球破滅の大災害来襲―。
聖霊たちの真言は夢物語ではなかった。
今、軽薄文明が巨大異変を引き起こしている。
核地下実験は地殻変動、大噴火、大津波、大寒波の引き金に―。
地球温暖化の放置は海面上昇、疫病、ハリケーンを招く。
大自然の大原理にそむく破滅の道をひたすら歩む人類―。
深解読によれば運命の年は2007年。
地球大災害、即ち地球大浄化現象が突発。
正しい霊性を持った人間だけがノアの方舟に乗ることができる―。
21世紀におけるノアの方舟とは何をさすのか。
第1章 日本の大災害とメシア(救出)
第2章 ベスビオ火山の大噴火
第3章 サントリーニ島の大噴火
第4章 放射能被爆
第5章 UFOとアンドロジン
第6章 アメリカとイスラエルの大災害
霊能者たち
結語
↑このページの上へ
「ミシシッピ川を越えて」
「ミシシッピ川を越えて」
谷本多美子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0476-3
一番大事なものを捨て、どうでもよいものを握りしめていた愚かな母親。
それが私でした。
家庭崩壊の傷心を抱いてアメリカに渡った麻子は、人が悲しんでいるとき一緒に悲しみ二人が喜んでいるとき一緒に喜ぶ、おおらかな人々の真情に囲まれて初めて気づく。
私は心の扉を中から閉じていた。
だから一番大事なものの姿が見えなかった―。
あなたをほんとうに賢い母親に変える感動のドラマ。
↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] 次の10冊へ