総合出版会社 叢文社 文芸一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

文 芸

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ
「家庭菜園の風景」 カテイサイエンノフウケイ
「家庭菜園の風景」
武井秀夫 著
本体¥1,800+消費税
ISBN978-4-7947-0758-1


野菜を育てるコツ。長生き日本一、長野県諏訪の反骨ドクターが育てる野菜はどれも見事。30坪ほどの家庭菜園で失敗を繰り返しながら掴んだコツは?肥料は野菜を愛でる気持ちです。写真も著者撮影。
↑このページの上へ
「スワンレイクの夏ー野生の白鳥たちの子育て スワンレイクノナツーヤセイノハクチョウタチノコソダテ
「スワンレイクの夏ー野生の白鳥たちの子育て
橋本忠世 著
本体¥1,800+消費税
ISBN978-4-7947-0750-5


上野動物園土居利光園長推薦ー見続けることから生まれた愉悦と愛の物語。博士と白鳥家族の感動の180日。橋桁に激突し墜落した子白鳥は、厳冬に向かい飛び立つことはできるのか。
↑このページの上へ
「利尻の海の赤い花」 リシリノウミノアカイハナ
「利尻の海の赤い花」
久和勝美 著
本体¥1,300+消費税
ISBN978-4-7947-0746-8


最果ての島、利尻を舞台に、過去に繋がる事件の謎に挑む涼助ーー。利尻へ向かうフェリーで涼助が出会ったのは、アメリカ生まれのリシリナ。島在住の彼氏はしかし、彼女の前には現れなかった。リシリナとともに行方を捜し事件に巻き込まれていく涼助。徐々に明るみになっていくのは、大火によって運命を大きく左右された人たちの愕然たる人生模様であった。やはり、タブーに踏み込んではいけないのか。
↑このページの上へ
「スポチャン物語」 スポチャンモノガタリ
「スポチャン物語」
田邊哲人 著
本体¥1,300+消費税
ISBN978-4-7947-0744-4


スポチャン創始者田邊哲人によるスポチャンの全て。
2011年発行のハードカバー『スポチャン物語』の新書判です。
↑このページの上へ
冗談八割ウソ二割 ジョウダンハチワリウソニワリ
冗談八割ウソ二割
田邊哲人 著
本体¥1,000+消費税
ISBN978-4-7947-0742-0
在庫あり

「言い訳はしたほうがいい」「自分投資のゴロ寝」「役に立たなかった勉強」「脱法ハーブはたばこのこと」等々92編にわたり、ユーモアたっぷりに不条理を唱える哲人節炸裂!
↑このページの上へ
「下手こそものの好きなれー脱腸外科医のフォト記録」」 ヘタコソモノノスキナレーダッチョウゲカイノフォトキロク
「下手こそものの好きなれー脱腸外科医のフォト記録」」
浅野周二 著
本体¥1,000+消費税
ISBN978-4-7947-0740-6


脱腸外科医史上初!大旋風の予感! 目で見る脱腸外科医の足跡と脱腸外科医ならではの愉快なキャプション!        予想される読後感…「笑わせるぜ、これ」「荒削りで臆さないところが好きよ」「つい、次々めくっちゃうな」「控えめなエロチシズム、上品ね」「会ってみたいわ、この脱腸外科医って人に(陰の声…いつでもどうぞ)」
↑このページの上へ
「一竿釣談」 イッカンチョウダン
「一竿釣談」
小田淳 著
本体¥1,500+消費税
ISBN978-4-7947-0733-8
在庫あり

『岩魚』『山女魚』『名竿』『カーンバックサーモン』『元禄釣り侍』…釣り文学のジャンルを築いた著者ならではの珠玉のエッセイ集。「酒匂川の釣魚」「出世魚」「砂を食う鮎」「囮缶」など、昭和の文壇模様も絡め、ファン待望の1冊。
↑このページの上へ
「春寂寥と紅萌ゆる」 ハルセキリョウトクレナイモユル
「春寂寥と紅萌ゆる」
武井秀夫 著
本体¥2,000+消費税
ISBN978-4-7947-0732-1


旧制高校を舞台に、思想に生き、昭和に殉じた青春群像。
天下の悪法治安維持法と特高警察に、青春のみならず命まで奪われた〝昭和〟とは何だったのか。「秘密保護法」施行の今こそ真実を問いかける警世の書。
↑このページの上へ
「バブルの子」 バブルノコ
「バブルの子」
助廣俊作 著
本体¥1,200+消費税
ISBN978-4-7947-0725-3


2014年6月中旬発売。
バブル世代が心のままに詩った「バブルの子」
表題作「バブルの子」をはじめ「一週間かぞえ歌」「やっちまった」「ここはひとつ」など飾らない言葉が共感を呼ぶ。連作を含む詩55点収録。
↑このページの上へ
「揚羽蝶ものがたり」 アゲハチョウモノガタリ
「揚羽蝶ものがたり」
武井秀夫 著
本体¥2,000+消費税
ISBN978-4-7947-0723-9


日本文芸大賞エッセイ賞受賞作家による珠玉の作品集第三弾。
「命の重さと儚さを知る医師の慈愛に満ちた日々の営み。
虫の鼓動、土の匂いが立ち上る。
自然を愛でるまなざしは、時に政局を睨み、純粋な正義感を貫き通す。
諏訪の“赤ひげ”が綴るこのエッセイこそ
生きとし生けるものたちのビオトープだ。
映画コラムニスト 合木こずえ」

「揚羽蝶ものがたり」「はばたけ、あげは」「クワガタ君は怪獣」「ニニ・ロッソを聴くクワガタ君」「凧の龍」
「フラスコとプロメテウス」「ビオトープ日記」「ツバメ・レスキュー隊」「最後の十姉妹」「畑作日記」―収録作品より
小さな生き物の命と自然界の息吹を描く、珠玉の一冊。
童話のように、お伽噺のように、子どもも、大人も、一緒に楽しめます!
↑このページの上へ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ