総合出版会社 叢文社 歴史研究書一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

歴史研究書

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次の10冊へ
「獅子の夢」明治人横川省三・その生と死
「獅子の夢」明治人横川省三・その生と死
幕内満雄 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0387-2
在庫あり
南部藩に生まれた自由民権の鬼は、日露開戦直後、ロシア軍の補給路を絶つために鉄橋とトンネルを破壊すべく、豪雪の大陸の奥地に潜行する。
ロシア軍刑場での堂々たる死。寵児の幸せを祈る涙。
感動の人間記録。
↑このページの上へ
「バタン漂流記」神力丸巴丹漂流記を追って
「バタン漂流記」神力丸巴丹漂流記を追って
臼井洋輔 著
本体¥2,800+消費税
ISBN4-7947-0386-4
1830年(文政13)備前藩米を積み岡山城下を出帆、江戸に向かった神力丸は、潮の岬沖で嵐に巻き込まれ黒潮に押し流されて68日。
フィリッピン北端の無人島イブホス島の海底岩に激突。五人が死に一四人が上陸した。
奇蹟的にサブタン島の住民に助けられ温かく遇された漂流民は二年間でアジア各地を見聞して鎖国日本に帰国。
備前藩等が半年にわたって取り調べ、詳細な記録をまとめ上げた。
岡山県尻海の旧家に伝わっていたこの漂流記を手にした著者は、サブタン島バタン島を訪れ追体験を試みる。
そこには日本とのつながりをみせる修羅、木製臼杵、凹石と磨石、カヌーがあった。
スペインとキリスト教がもたらした光と陰があった。そして、なによりも漂流記の正確度に驚嘆する。
↑このページの上へ
「戦場の青春」
「戦場の青春」
飯島亀太郎 著
本体¥1,800+消費税
ISBN4-7947-0385-6
これを知らないと、現代も見えない、未来も見えない。
僅か60余年の昔、日本列島は全体主義・軍国主義の嵐が吹きすさぶ国でした。兵士も国民も実状は奴隷でした。
民主主義とはそもそもなんでしょう。
未来国家はなにを目ざすべきでしょう。その解答は60余年昔の全体主義の実態を知り、それをメガネにして探求しなければ決して見えてはきません。
本書は明日を生きる人々に捧げる老兵の遺言です。
↑このページの上へ
「死闘天宝山」日中戦争深発掘(増補改訂版)
「死闘天宝山」日中戦争深発掘(増補改訂版)
小柴典居 著
本体¥2,000+消費税
ISBN4-7947-0383-x
↑このページの上へ
「円空 微笑の旅路 」
「円空 微笑の旅路 」
三宅雅子 著
本体¥1,600+消費税
ISBN4-7947-0371-6
得もいわれぬ微笑仏のほほ笑みの謎は…?円空のイバラの路を女流歴史作家がたどる。
寛永9(1632)年、「父無し子」として美濃の国・木曽川と長良川に挟まれた低湿地帯に生まれた円空は、幼くして洪水に母を奪われた。
23歳で世話になった寺を飛び出し、伊吹山に登って修験の道に―。
貧困・無知・病魔・悪政に苦しむ衆生の救済を志し、12万体の仏像彫刻の悲願のもと、北海道から九州まで、山を駆け野に伏して最後にたどりついた微笑の世界とは?円空生涯の謎に迫る。
↑このページの上へ
「河内今昔事典」
「河内今昔事典」
冨田寅一 著
本体¥2,800+消費税
ISBN4-7947-0370-8
歴史の現場から発信する、その嘘と真実。
神武が緒戦に敗れた生駒岩切。
岩船坂を下って枚方で戦勝祝いをしたナガスコ彦。
ニギハヤヒ系の変心がなかったら神武軍は玉砕。
古代大くり舟の謎。
茨田堤と仁徳。
継体と楠葉宮。
葬者不明の古代古墳群。
王仁と百済寺。
米の河内と治水の死闘。
業平と雪女。
惟喬親王と河内美女。
義家と白旗の池。
大盗交野八郎と後鳥羽。
正行と師直。
信長、秀吉、家康と河内。
筒井順慶の洞ヶ峠の知恵?河内女のど根性。
大塩平八郎―かつて日本には男がいた。
研鑽20年、数百話を集成。
↑このページの上へ
「古代氏族三宅氏の研究」
「古代氏族三宅氏の研究」
鳥海ヤエ子 著
本体¥8,000+消費税
ISBN4-7947-0358-9
崇神朝の西暦300年前後が発祥とされる三宅氏後裔の著者が、家に伝わる由来書や系図などを頼りに時代を遡り、先祖の姿を描き出す。
謎の雄族から探る秘められたる日本史の研究。
↑このページの上へ
「出雲文化水の文化」
「出雲文化水の文化」
佐藤栄子 著
本体¥1,500+消費税
ISBN4-7947-0357-0
品切
価値観の多様化に伴う社会的な変動と個人的な環境の軋轢に苦しむ著者が見つけ出した物の見方・考え方は、日本古代の神事や神話に受け継がれる哲理だった。
混沌の時代を超えて未来を築く「古代出雲の心」と「水の心」を提起。
↑このページの上へ
「夜来香」 いえらいしゃん
「夜来香」
青木隼人 著
本体¥2,300+消費税
ISBN4-7947-0354-6
あなたは日本人がかつて中国・朝鮮でなにをしたか知らないのですか? 日本国ではそれを教えないのですか?
明治大正昭和、闇に閉ざされた日本の裏面史を総括。未来のために日本国と日本人の深層をえぐる文芸大作。
↑このページの上へ
「新羅・高句麗・百済三国紀」
「新羅・高句麗・百済三国紀」
高島鳴鳳 著
本体¥3,000+消費税
ISBN4-7947-0350-3
古代日本の真実は「中国古代文献」と「古事記・日本書紀」そして「三国紀」の照合なくしては明らかにならない。
韓国史研究家の執念の労作「三国紀」の現代語訳がここに登場。
↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次の10冊へ