総合出版会社 叢文社 歴史小説一覧

買い物カゴの中を確認する。
歴史小説時代小説歴史研究書文 芸芸 術趣味・実用児童書スポーツ電子書籍オンデマンド

歴史小説

前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ
「花は天地を呑む 足利義満」
「花は天地を呑む 足利義満」
弘末新一 著
本体¥1,456+消費税
ISBN4-7947-0219-1
↑このページの上へ
「瀬戸の鷹 小早川隆景」            こばやかわたかかげ
「瀬戸の鷹 小早川隆景」
泉 淳 著 
本体¥1,457+消費税
ISBN4-7947-0214-0
大転換期 不敗の鬼謀
↑このページの上へ
「大軍師 児玉源太郎」
「大軍師 児玉源太郎」
中村 晃 著 
本体¥1,457+消費税
ISBN4-7947-0208-6
神の閃きを持った男ー敗れて当然。勝てたら奇蹟。敗れたら日本は植民地。
地上最強のロシア陸軍と対決した貧乏日本はー
↑このページの上へ
「幕末無頼 山内容堂」            やまのうちようどう
「幕末無頼 山内容堂」
島本征彦 著 
本体¥1,748+消費税
ISBN4-7947-0207-8
酒と女と詩と政争と・・・華の喧嘩大名一代
幕末と容堂を探れば、現代が見える、明日が見える。
↑このページの上へ
「大軍師 直江山城守」
「大軍師 直江山城守」
中村 晃 著 
本体¥1,456+消費税
ISBN4-7947-0205-1
在庫僅少
敵が惚れた 部下が惚れた 秀吉家康が惚れた
眉目秀麗、文武両道、「愛」を前立にし、仁に生きた兼続。
家康にねがえった裏切り者の敵将をして「主君景勝と家臣兼続が逆であったら、天下は兼続のものであったか」と言わしめた。
死も、家康をも恐れなかった戦国武将の生き様。
PHP研究所より文庫版にても絶賛発売中。
2009年大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続。
↑このページの上へ
「金と竜 土佐絵師幕末風雲録」
「金と竜 土佐絵師幕末風雲録」
柴田宗徳 著
本体¥1,553+消費税
ISBN4-7947-0194-2
品切
↑このページの上へ
「民権の獅子」兆民をめぐる男たちの生と死
「民権の獅子」兆民をめぐる男たちの生と死
日下藤吾 著 
本体¥2,233+消費税
ISBN4-7947-0193-4
品切
民権の拡大を目ざして「無償の戦い」に生命を燃やした「表街道」と「裏街道」の獅子たちの凄絶。
↑このページの上へ
「怒り宰相 小磯国昭」
「怒り宰相 小磯国昭」
中村 晃 著 
本体¥1,456+消費税
ISBN4-7947-0186-1
品切
魔術のように核心をつかんだ
↑このページの上へ
「毛利・親鷲子鷹孫鳶」
「毛利・親鷲子鷹孫鳶」
森本 繁 著 
本体¥1,553+消費税
ISBN4-7947-0185-3
品切
初代と二代に見る不敗の法則、三代に見る敗北の法則
↑このページの上へ
「回天の奇襲」 高杉晋作
「回天の奇襲」 高杉晋作
霜月一生 著
本体¥1,553+消費税
ISBN4-7947-0184-5
品切
お家とりつぶしに直面して右往左往の長州藩重臣…。
決然と立って保守派を制圧した晋作は、奇兵隊を駆使して「関ケ原以来、進歩を忘れた幕府の大軍」を奇想天外の鬼謀で撃破―。
虎の子の戦艦は暗夜の奇襲で大破させる。
難攻不落の小倉城は血を吐きながら突進する晋作の眼前で炎上―。
幕府のどてッ腹に「回天の風穴」を開け、栄光の日を待たずにスイ星の如く消えた維新の風雲児。
「猛」なくして山は動かず―。初めて明らかになった晋作の幼少時代。
↑このページの上へ
前の10冊へ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次の10冊へ